もんじろう日記

「初めて投資」で資産ゼロから「1億円資産」を築くまで!不労所得で老後も安泰!?

会社倒産後の暮らし*翌日からの過ごし方(3日目)

ブログランキング・にほんブログ村へ←クッリク

こんにちは、もんじろうです。

 

会社倒産後の暮らしとしてお伝えしております。

3日目の昨日は土曜日だったのですが、そろそろ曜日の感覚がなくなってきました。というのも毎日が日曜日みたいなものなのでww

 

f:id:mon-jiroh:20201004100630p:plain

 

昨日もまた夕方から飲みに出かけることになり、神楽坂にある焼き鳥とワインのお店に行ってきました。しかも昨晩飲んでた海外駐在の時の同期とのダブルヘッダー(笑)

帰りのタクシーあたりから記憶が飛んでしまって風呂にも入らずに寝てました。

 

日中は昨日から頑張って読み進めていた藤田田さん著書の「ユダヤの商法(新装版) (ワニの本)」を読破。この本は1974年初版ということで、内容以前に今だとけっこう叩かれそうなコンプラ違反的な表現が多かったです(苦笑)例えば;

  • 「男というものは海外に出ると商品の買い付け家より先に、女を買いたがる」
  • 「女というのヤツは外国に弱いから海外出張と言うと喜んで飛んでいく。向こうのユダヤ人も日本女性だと喜んで買ってくれるので、テキが鼻の下を伸ばしたところで値切って買ってこい」
  • 病気とは気の病であって風邪を引いたくらいで休むな。もし休んで明日死んだのなら君が病気だと信用してやる。しかし次の日にノコノコ会社に出てくる様ならタルんでいるだけだと社員に言い、その社員は絶対に休まなくなった。
  • 会社で金を出して社員全員に強制的に毎月一回は映画鑑賞をさせているが出席しない社員からは映画鑑賞代金を給料から返済要求する

 

どれもこれも昭和の働き方を体現した様なエピソードで、こんな風な働き方を今やっていたら時代錯誤も甚だしいのですが、それは当時は許されたということなんですね。

 

もちろん、お金持ちになる方法や事業を成功させるにはという観点では大変に興味深い一冊です。

ユダヤ人のいう事業で成功するにはまずは女性を狙うこと、次に口に入るものを取り扱うこと、そしてそれを日本マクドナルド創業の藤田田さんが成し遂げた秘話などビジネス本としての勉強にはなりました。

ユダヤの商法(新装版) (ワニの本)

 

そんな昨日のやったこと;

  • リベ大のYouTubeを見る
  • 洗濯・掃除機掛け・床拭き・シーツと枕カバーの交換
  • 近所をジョギング5キロ
  • 飲み会

 

 

 

さいきん飲み過ぎてるので、そろそろ健康的な暮らしに戻そうかなと思う今日この頃です(笑)