もんじろう日記

「初めて投資」で資産ゼロから「1億円資産」を築くまで!不労所得で老後も安泰!?

初めて家を売る人必見!売却の流れ完全ガイド②

ブログランキング・にほんブログ村へ←クッリク

こんにちは。もんじろうです。

 

昨日の記事では第一弾で「はじめて不動産業者に相談する」所までご紹介しました。

 

本日はいよいよ売却に向けた活動をご紹介していきます。

#持ち家 #不動産売却 #新築戸建

売却に向けた家の準備

 

売りに出すと決めると広告チラシの差し込みや不動産検索サイト(SUUMOやHolmesなど)に掲載することになるので、不動産の担当者のかたが家の内見調査にやってきます。

早ければ当日とか数日以内です。

 

生活感が出過ぎると買主さんが付きにくいので出来るだけ「モデルルーム」のように不要なものは片づけておいたほうが良いです!

 

壁紙がはがれているところなどはホームセンターで数百円で壁紙を買って自分で直しておくとよいです。簡単にできますよ!

 

<お勧め>

部屋の荷物で直ぐに使わないものは「トランクルーム」に運んでしまいましょう。一ヶ月借りて2-3万円くらいです。

あとで引っ越しするときも引っ越し業者さんにトランクルームからピックアップしてもらえますので便利です。

 

広告掲載

 

家の中の写真と外観は不動産業者のかたが撮ってくれて、不動産業者間の専門取引サイトや一般サイト(SUUMOやHolmes)と新聞折り込みチラシ、ポスト投函などに掲載されます。希望すれば家の前に「販売中」といったノボリも掲げてもらえます。

 

とは言えわたしの場合は新築一戸建ての家を買って3年後に売り出したので近所の目も気になりましたのでポストの投函や、ましてやノボリは辞めてもらいました。。。

 

買主さんの内見

 

広告掲載してから1週間ほどでわたしの場合は2組から内見の依頼を受けました。ここまで全部、不動産経由なので特になにかもやる必要はありませんでした。

 

ただし内見の時は家の中を紹介しなければいけないので、その時にはじめて買主候補さんとお会いします!ある意味お見合いのようなもので、ちょっと緊張します。

 

わたしの場合には売却までは家で生活する予定だったので当日は朝から大掃除して、出来るだけ良い印象を持ってもらうように心がけました。引越し先が決まっている方ならば先に出てしまって家を空けられた方がなにかと便利ですのでお勧めします!

 

まだ築3年で新しく比較的広めの庭付き30坪。集合住宅のなかの一軒だったので家の周囲の環境も内装もとてもキレイなままなので、印象だけはすごくよかったようです。

 

値段の交渉

 

最初の交渉はとてもシビアでした。ある意味で現実を知ったと言う感じです。

売却希望の価格からも数百万円以上も低い価格での指値を出されてしまいました。

 

わたしのなかでボトムラインとしては引越し代としてプラス100万円以上は残るようにしたかったので、お断りさせてもらいました。

 

あとで不動産に聞いたところでは近所の新築と迷っていたそうで、中古の分だけ足元を見られてしまったようです。

 

一旦、休憩して再度出直すことに。。。 

f:id:mon-jiroh:20200320221316j:plain 

家の売却は時間もかかるし大きな金額を扱うのでけっこうなストレスが掛かります。

ましてや離婚したことが理由なのでなおさら気乗りはしませんでした…

 

結局そのまま3ヶ月ほどズルズルと売りに出してみましたが買い手が現れず、一旦ぜんぶ辞めることにしました。

 

再開後に即買い手が見つかり契約へ!!

 

休んでいた間は家のことは一切忘れてました。

その間にプライベートではいまの妻と出会って結婚の話も進んでました。

 

辞めてから一年くらい間は開きましたが、そんなこんなで気持ちがやっと前向きになったこともあり一念発起して再度、広告掲載をしたところなんと直ぐに買い手が見つかり、こちらの希望価格ものんでくれて契約成立に至ったのです!!

f:id:mon-jiroh:20200320221802j:plain

最初に手付金をもらい直ぐに不動産業者には仲介手数料や諸費用を全額支払いました。(まだ途中なのに全額支払うのはだいぶ不安でしたが、とりあえずは最後までちゃんとやってくれたので大丈夫でしたが。。)

 

その後、買主さんのローン審査も無事に終わり相手側の指定の銀行で不動産業者と司法書士の先生の同席のもと契約書にサイン!鍵を引き渡しました。

 

長かった道のりにもやっと終止符を打つこととなりました。

 

収支報告!!

 

家の購入価格:4300万円+諸費用200万円くらい(ローン:4300万円)

 

ローン返済 :624万円(4年間)

家の売却額 :4200万円(仲介手数料他150万円)

ローン残債 :3800万円くらい

 

結果 ⇒⇒⇒ プラス250万円

 

購入時の諸費用200万円を差っ引いてもプラス50万円のプラスで売り抜けることができました!まぁ4年間も戸建てに住んで家賃を払っていたと思えば、トントンの結果だったので良かったと思うことにします!

 

まとめ

 

家を買うときは誰でもウキウキなので良いのですが(不動産投資目的を除けば)、大概はネガティブな要因で売却せざるを得ないことの方が多いのではないでしょうか。

 

わたしの場合は一旦諦めて1年間あけたことで近所の新築物件も売られて競合が減ったのが功を奏した様です!

あと、集合住宅地だったことも買主さんの決め手になったと伺いました。

 

家の売却は時の運も多少はあるとは思いますが、焦らずにじっくりと腰を据えていくと良い結果になるのかなとの結論です

 

褒められた様な経験ではないのですが、少なからず何か売却で困ってらっしゃる方にお役立ち出来る情報となれば幸いです。